メインページ > スポンサー広告 > title - 【甲信コラボ企画】家族で楽しめる洞窟探検 河口湖船津胎内樹型メインページ > 体験施設 > title - 【甲信コラボ企画】家族で楽しめる洞窟探検 河口湖船津胎内樹型

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。


スポンサー広告 | --:--:--

【甲信コラボ企画】家族で楽しめる洞窟探検 河口湖船津胎内樹型

訪問日:2012-7-7 Sat

船津胎内樹型 外観

ワタクシ的ポイント:

山梨県の富士五湖周辺には、鳴沢氷穴をはじめとした洞窟探検できるスポットがいくつかあります。
河口湖にある船津胎内樹型も、洞窟探検できるスポットの一つです。

地名から想像できるイメージは、そういう形の木があるのかなと思う人が多いと思いますが、れっきとした洞穴です。胎内樹型(たいないじゅけい)は、富士山の噴火によって流れ出た溶岩が大木を取り囲んで固まってできた「溶岩樹型」の一種です。洞穴の壁が肋骨の形をしていて人の体内に似ていることから胎内樹型と呼ばれています。船津胎内樹型は数本の大木が交差して出来た珍しい複合型溶岩樹型で総延長が68mとなっています。国の天然記念物に指定されています。
鳴沢氷穴や富岳風穴も溶岩によってできた洞窟の一つです。

休日の夕方近くに訪れたところ、訪問客はワタクシだけでした。
富士山信仰の一つとして富士登山の前に身を清める場所として発展したため、無戸室浅間神社(むつむろせんげんじんじゃ)という神社が建てられています。
船津胎内樹型 鳥居
▲鳥居

境内に河口湖フィールドセンターという建物がありそこで拝観料200円を収めます。
洞窟の入口は何と神社の中にあります。
船津胎内樹型 入口
▲神社の中に入口が!

中に入ると暗くて狭いです。大人一人分ほどの高さしかありません。肋骨(あばら)と呼ばれる場所を通りますが、肋骨=骨=死を連想する上、人が全くいないので若干怖さを感じます(゜д゜)
船津胎内樹型 中
▲肋骨

少し進むと「母の胎内」と呼ばれる場所の入口に差し掛かります。団体の人はいけないようですが、ワタクシは団体ではないので行ってみることに(^^)
船津胎内樹型 母の胎内 入口
▲母の胎内入口

この母の胎内、めちゃめちゃ狭いです(;゚Д゚)!西湖コウモリ穴も狭いところがありましたが、それ以上に狭いです。この狭さは子どもにとっても狭いと感じるのではないでしょうか。スモールライトがほしいです。
船津胎内樹型 花の体内 狭さ
▲ほぼアヒル歩きです。

そして結構長いです。アヒル歩きより若干楽な体制で歩けますが、それでもしんどいです。そして地下水が染み出ているので泥ハネします。
取材中、この写真をツイートしたら銀河鉄道みたいと返信がありましたが、確かに宇宙を旅する銀河鉄道みたいですね(^^)
船津胎内樹型 母の胎内 小道
▲銀河鉄道!?

そして乳房と呼ばれる小さな部屋に到着。部屋には2,3人ほど入れるスペースがあります。この部屋の入口がものすごく狭く、手と膝をついて潜らないと入れません。部屋の中には富士山の神様、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)の像があります。
船津胎内樹型 母の胎内 乳房
▲乳房入口
船津胎内樹型 木花咲耶姫像
▲木花咲耶姫像

一方通行なので引き返します。またあの体勢で引き返すのかと思うと若干心が折れそうになりました(笑)
この狭さでは確かに団体客は通れないですね。すれ違いが厳しいですし。

母の胎内入口まで引き返し、正規ルートを進みます。母の胎内を通ったあとだと広く感じます(^^)
船津胎内樹型 父の胎内
▲元のルート

突き当りには瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)像があります。写真の左上の小さな穴は父の胎内と呼ばれるところですが、さすがに通行不可能なほど小さいです。
船津胎内樹型 ににぎの尊像
▲ニニギノミコトと父の胎内

突き当たりを曲がるとゴールです。母の胎内を通らなければ5分もあれば抜けられるほど短いです。外には富士山の天然水が出る蛇口がありますので、手を洗ったり飲んだりできます。
船津胎内樹型 出口
▲ゴール
船津胎内樹型 出口 外
▲ゴール(外から)

冒険好きな子どもはもちろん、大人でも(若干しんどいですが)楽しめる洞窟です。河口湖に遊びに来た人や富士山五合目に行く途中に寄ってみてはいかがでしょうか?

富士山世界文化遺産の構成の一つとなっています。


営業時間:

9:00~17:00
休館日 月曜(ただし6~8月は休館日なし)、年末

場所とワタクシ的駐車場:

山梨県南都留郡富士河口湖町船津6603 河口湖フィールドセンター・船津胎内樹型
地図で 山梨のなうマップ を表示

富士スバルラインの有料道路前の信号交差点「胎内洞窟」の西にあります。駐車場は10台ほど停められます。
船津胎内樹型 駐車場
▲駐車場

甲信コラボ企画:

この記事は長野県を紹介しているブログ「長野ウラドオリ」さんとのコラボ企画の第五弾です。今回は「夏のオススメスポット」というテーマで双方同時刻に投稿しています。

長野ウラドオリさんの記事も是非ご覧ください(=^0^=)
[甲信コラボ企画]夏の旅の定番!青春18きっぷのポスターに、天龍村の風景が!

甲信コラボ企画の一覧はこちら
甲信コラボ企画の記事を読む

関連記事:

山梨の洞窟探検スポット
鳴沢氷穴の記事を読む

富岳風穴の記事を読む

西湖コウモリ穴の記事を読む

同じく胎内樹型の吉田胎内。こちらはお祭りの時のみ入れます。
胎内祭の記事を読む

近くに音楽のなる道路、メロディロードがあります。
メロディロードの記事を読む(動画あり)

旅行案内:

バスツアーを申し込みたい人はコチラ↓

ホテル予約はコチラ↓



その他:

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報


体験施設 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)

記事のコメント

記事に対して共感、批判、追加情報などありましたらお気軽にご記入頂けたらと思います。

投稿日時:2012-07-29 日 08:15:24
投稿者:つくぅさん
([つくぅさんのサイト] [つくぅ さんにメール] [コメント編集])
いつも面白い情報ありがとうございます。

吉田にこのような場所があったんですね。
知らなかったです…

行って見たいと思いました。
Re: タイトルなし
投稿日時:2012-07-30 月 14:06:35
投稿者:たかぽんの旅さん
([たかぽんの旅さんのサイト] [たかぽんの旅 さんにメール] [コメント編集])
こんにちは、つくぅさん(^。^)/

あまり知られていませんが、洞窟感たっぷりの場所で
おもしろかったです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近投稿した記事

2016年01月28日 2016年2月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月30日 2016年1月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月02日 2015年12月の山梨県観光・イベント紹介
2015年11月27日 富士山とコラボ!花の都公園山中湖イルミネーション2015
2015年11月19日 カステラだけどカステラじゃない?竹林堂バターカステラ・富士川【バス小瀬コラボ企画】
2015年11月09日 山梨勝沼ワインの新酒が試飲し放題!新酒ワイン祭り(甲州市)
2015年11月05日 甲府の商店街で仮装パレード!甲府ハッピーハロウィン
2015年10月29日 2015年11月の山梨県観光・イベント紹介
2015年10月28日 繊細な伝統工芸「切子」の奉納 沢登六角堂例祭(南アルプス市)
2015年10月23日 おそらく山梨最古のお土産 ぶどう入りの砂糖菓子 月の雫【バス小瀬コラボ企画】

プロフィール

管理人:たかぽんの旅

たかぽんの旅


山梨に在住してます(^。^)v
2010年11月からブログを始めました。
初めての方はこのサイトについてをご覧ください。

2014年4月からは、大手サイト「たびねす」の認定ナビゲータとしても活動しています。
ワタクシのページはこちらから!

たびねすロゴ


大手旅行サイト「トリップアドバイザー」から「おすすめブロガー」として認定されています(^^)

山梨 旅行情報
山梨 旅行情報


ツイッター(個人)とフェイスブック(山梨のなうのページ)もあります。

ツイッターでは記事アップ情報と取材中のツイッター中継、山梨に関する個人的なつぶやきなどをユルくやってます(^^)
ツイッター(たかぽんの旅)

FBでは記事アップ情報と直近のイベント情報などをアップしています。
Facebook(山梨のなう 観光イベント情報ページ)



-->

ブログの特徴

このブログの対象は、主に次の人たちに満足してもらえるように作成を心がけています。

  1. 山梨の事をあまり知らない人
  2. 山梨の観光を考えている人
  3. 山梨の新しい出来事を知りたい人
  4. 山梨のイベントを知りたい人

また、以下の方針で記事を作成するように心がけています。

  1. 市民目線で作成する
  2. 悪いと思うところは悪いと書き、改善点をあげる
  3. ブログに乗せる情報は体験してから載せる。
  4. ブログに乗せる写真、動画は自分で撮ってきたものを使う。
  5. ブログに乗せる写真の加工は、明るさと色の調整のみとする。(=行けばその写真と同じ風景に出会える)

少しでも興味をもたれた方はメインページをご覧ください

人気記事

カテゴリー

カテゴリ別に最新記事から表示します。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ

ホームページ・ブログ百選

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。