メインページ > スポンサー広告 > title - 関東三奇祭 大善寺藤切り祭りメインページ > 5月のイベント > title - 関東三奇祭 大善寺藤切り祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。


スポンサー広告 | --:--:--

関東三奇祭 大善寺藤切り祭り

訪問日:2011-5-8 Sun

藤切り祭り 外観

概要:

毎年5月8日に行われる関東三大奇祭の一つ。1300年前、役行者が金剛山で大蛇を退治し、地域の人々を救った事からそのご利益にあずかろうとして行われている。
大蛇に見立てられた藤づるを切り落とし、その藤を破邪県政の守護藤として競って奪い合い、家内安全の守りとしている。

ちなみに、関東3奇祭と言われているが4つ以上あるようです。
茨城県龍ケ崎市の「撞舞(つくまい)」、東京都大國魂神社の「くらやみ祭り」、湘南茅ヶ崎の暁の祭典「浜降祭」等。

また、2007年のダイドードリンコ日本の祭りの一つに取り上げられています。
トップページとリンクしているので、過去に応援した祭りより2007年の「藤切り祭り」を参照してください。
ダイドードリンコ日本の祭り(外部サイト)

ワタクシ的ポイント:

昼から夕方にかけて行ってきました。
10時からお祭りはやっているようですが、14時からイベントがあるようだったのでそれに間に合うように行ってきました。
今年(2011年)は日曜日に当たったので昼間から子どもが多く遊びに来ていました。

各内容をまとめてみました。

境内の様子

普段は静かな境内ですが、今日は露店と活気と子どもの元気な声で賑やかでした。
メイン会場までは階段を上るか、迂回して坂を登ることになります。
普段は拝観料を取られますが、この日だけは無料で国宝を見る事が出来ます。

藤切り祭り 階段下
▲階段登る前の境内の様子。

藤切り祭り 階段
▲階段を上ります。

藤切り祭り 階段上
▲登ると祭りのメイン会場

屋台の数は狭い境内なので20ほどしかありませんでした。
メインイベントは午後5時なので、早めに来るとちょっと退屈かも。
警察の人も見回りに来ていました。

藤切り祭り 祭り後半
▲午後4時ごろになると結構な人であふれていました。

天狗祭が行われる前ならば、お堂の中で藤づるの大蛇に触る事が出来ます。昔は切り落とした人でないと触れませんでしたが、去年(2010年)からは出来るようになりました。
藤切り祭り 大蛇
▲お堂の中は撮影禁止なので外に出された時の写真。

ちなみに、今の季節はふじの花がピークを迎えていて、境内のあちこちで見事なふじの花を見る事が出来ます。

藤切り祭り ふじ

藤切り祭り ふじ

藤切り祭り ふじ

また、ふじだけでなく、他の植物もきれいです。

藤切り祭り ふじ

藤切り祭り 花


屋台の食べ物

たこ焼き、焼きそば、かき氷、宝くじ、アイドル写真とよく見かける露店が並ぶ中、
「じゃが豚」という聞きなれないお店を発見しました。

中をのぞいてみると結構おいしそうだったので、注文しました。
藤切り祭り じゃが豚の店
▲中の様子。どうやら一種類しかないみたい。

で、これがじゃが豚。
藤切り祭り じゃが豚
▲じゃが豚(500円)

どうやら小さいジャガイモと豚肉をクレープみたいに巻いて食べるものらしい。
マヨネーズとバターが店の前に置いてあって、量を自由にできるらしい。
バターはディッシャー(アイスクリームを乗せる道具)を使うくらいなので、結構な量を入れるみたいです。

味の方はいかにもB級グルメってかんじな味です。
巻いてある生地はクレープではなくもっちりした生地です。
タレがこぼれやすいですが、ビニールでくるんでいるのでこぼれないように工夫されています。
バターはやっぱり、結構な量を入れておかないとジャガイモの味つけに困ってしまいます。


天狗祭(午後2時ごろ)

お堂にある藤づるの大蛇を一旦別のお堂に移してから木の上にかける儀式です。
山伏たちが登場します。

fujikiri1.jpg
▲大蛇が運ばれます。
fujikiri4.jpg
▲別のお堂で読経。
藤切り祭り 天狗祭
▲滑車と人力でつるす。


稚児行列(午後4時ごろ)

かわいい衣装を着た小さい子どもが親とともにお堂の中で祈祷されます。
藤切り祭り 稚児


藤切り執行(午後5時ごろ)

祭りのメイン行事になります。
これは役行者が大蛇をやっつけに行くお芝居風になっています。
メインの会場でやっているのですが、このころから実際に藤切りが行われる会場に人が集まりだします。
場所とりの関係上少しだけ見ました。
藤切り祭り 祈祷
▲お祭りに来ている人への祈願

そしていよいよやってきます。
まず、役行者が木の上の的に向かって矢を放ちます。

藤切り 矢を射る
▲金の的に向かって弓を構える役行者

しかし、これがなかなか当たりません。
最初は勢いよく割とおしかったのですが、その後は矢が飛ばなかったりして結局8本くらい射ってました。
外すたびに観客からため息と声援が飛び交ってました(^^)

ようやく当たって、儀式が進みます。役行者が木の上に登って刀を抜きます。
藤切り祭り 斬る所

そして、大蛇の紐が切られました。


この後、この祭りが「奇祭」であることを実感しました。


大蛇の頭を欲しがる下で待ち構えた人たちの奪い合いが始まりました。。。

藤切り 奪い合い
▲奪い合い開始
藤切り 奪い合い
▲奪い合いヒートアップ
藤切り 奪い合い
▲別のところでは木に巻きつけている藤つるを切ろうとせんと登っているみたいです。
藤切り 奪い合い
▲振り返るともう訳分かりません。
藤切り 奪い合い
▲警官も止めに行きます。(だから警官がいたのね。。。)
藤切り 奪い合い
▲こちらは足場が切り崩されているようです。

まさに「奪い合い」というのがぴったりでした。
大蛇が落とされた後はいくつかに分断され、それぞれで奪い合いが行われていました。
一段落した後もいがみ合いが続いてました。警官がいる理由が分かりました。。。
藤切り祭り 最終
▲最終形態

お芝居のような儀式はこれで終わりの様です。なんか中途半端なきもしますが。

まとめ

昼からいましたが、見どころとなる所は夕方の儀式です。
稚児行列が始まる午後4時くらいを目安に来るといいと思います。
メインの部分がこんなに泥臭いお祭りはなかなかないと思いますよ。


場所とワタクシ的駐車場:

山梨県甲州市勝沼町勝沼
地図で 山梨のなうマップ を表示

国道20号線沿いにある「大善寺」を目指してください。
駐車所は普段は境内に停められますが、お祭りの日は誘導に従ってください。
ちなみに道路に縦列駐車です。
藤切り祭り 駐車場

関連記事:

旅行案内:

バスツアーを申し込みたい人はコチラ↓

ホテル予約はコチラ↓



その他:

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報


5月のイベント | 00:23:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

記事のコメント

記事に対して共感、批判、追加情報などありましたらお気軽にご記入頂けたらと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近投稿した記事

2016年01月28日 2016年2月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月30日 2016年1月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月02日 2015年12月の山梨県観光・イベント紹介
2015年11月27日 富士山とコラボ!花の都公園山中湖イルミネーション2015
2015年11月19日 カステラだけどカステラじゃない?竹林堂バターカステラ・富士川【バス小瀬コラボ企画】
2015年11月09日 山梨勝沼ワインの新酒が試飲し放題!新酒ワイン祭り(甲州市)
2015年11月05日 甲府の商店街で仮装パレード!甲府ハッピーハロウィン
2015年10月29日 2015年11月の山梨県観光・イベント紹介
2015年10月28日 繊細な伝統工芸「切子」の奉納 沢登六角堂例祭(南アルプス市)
2015年10月23日 おそらく山梨最古のお土産 ぶどう入りの砂糖菓子 月の雫【バス小瀬コラボ企画】

プロフィール

管理人:たかぽんの旅

たかぽんの旅


山梨に在住してます(^。^)v
2010年11月からブログを始めました。
初めての方はこのサイトについてをご覧ください。

2014年4月からは、大手サイト「たびねす」の認定ナビゲータとしても活動しています。
ワタクシのページはこちらから!

たびねすロゴ


大手旅行サイト「トリップアドバイザー」から「おすすめブロガー」として認定されています(^^)

山梨 旅行情報
山梨 旅行情報


ツイッター(個人)とフェイスブック(山梨のなうのページ)もあります。

ツイッターでは記事アップ情報と取材中のツイッター中継、山梨に関する個人的なつぶやきなどをユルくやってます(^^)
ツイッター(たかぽんの旅)

FBでは記事アップ情報と直近のイベント情報などをアップしています。
Facebook(山梨のなう 観光イベント情報ページ)



-->

ブログの特徴

このブログの対象は、主に次の人たちに満足してもらえるように作成を心がけています。

  1. 山梨の事をあまり知らない人
  2. 山梨の観光を考えている人
  3. 山梨の新しい出来事を知りたい人
  4. 山梨のイベントを知りたい人

また、以下の方針で記事を作成するように心がけています。

  1. 市民目線で作成する
  2. 悪いと思うところは悪いと書き、改善点をあげる
  3. ブログに乗せる情報は体験してから載せる。
  4. ブログに乗せる写真、動画は自分で撮ってきたものを使う。
  5. ブログに乗せる写真の加工は、明るさと色の調整のみとする。(=行けばその写真と同じ風景に出会える)

少しでも興味をもたれた方はメインページをご覧ください

人気記事

カテゴリー

カテゴリ別に最新記事から表示します。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ

ホームページ・ブログ百選

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。