メインページ > スポンサー広告 > title - 神明の花火大会の穴場スポットを探してみた(市川三郷町)メインページ > 夏・花火 > title - 神明の花火大会の穴場スポットを探してみた(市川三郷町)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。


スポンサー広告 | --:--:--

神明の花火大会の穴場スポットを探してみた(市川三郷町)

訪問日:2014-8-7 Fri

神明の花火 外観

ワタクシ的ポイント:

山梨県市川三郷町では毎年8月7日に神明の花火大会が開催されます。
山梨県下最大の花火大会で、その打ち上げ数は2万発です。さらに全国でも打ち上げ場所が限定される超弩級の大きさの花火「2尺玉」も打ち上がります。花火大会なら夏の間、県内各地で花火大会が実施されますが、神明の花火大会は特別で、この日は甲府盆地全体が何だかそわそわしています。

ワタクシも今年(2014年)、3年ぶりに行ってまいりました。前回の記事では会場の様子を中心に紹介しましたので、今年はちょっと遠くから見る穴場スポットを探してきました。普通の花火大会だと遠目で見ても面白さが欠けるところもありますが、神明の花火大会クラスになるとちょっと遠くからでも十分に楽しめるのではないかと思い、いろいろ回ってみました。

午後4時頃、臨時駐車場に指定されている碑林公園に現地入り。花火は7時30分ごろからですが、周辺調査の時間を入れて早めに来ました。最近発表された花火大会に関するアンケートで、山梨県は場所取りで3.9時間かけ、全国一位という結果が出たようですが、これだけ早く来てもまだ届いていません(笑)
神明の花火 駐車場
▲臨時駐車場・碑林公園

15分~20分間隔で碑林公園から会場までのシャトルバスが出ています。
神明の花火 シャトルバス
▲シャトルバス乗り場

しかしワタクシはシャトルバスには乗らずに、広域農道を歩いてみます。この農道は山の斜面を通っていて見晴らしがよく、きっと穴場スポットになるに違いないと思ったからです。
神明の花火 広域農道
▲広域農道を西に向かって歩きます。

ちなみにこんな感じで歩いてみました。
それぞれのポイントを順を追って紹介します。
神明の花火 マップ
▲穴場調査マップ

少し歩くと、道路沿いでさっそく第一村人、もとい第一見物人発見! この方は大宮から初めてきたそうです。穴場調査マップで言うとA地点です。
やはり眺めがいい所です。
神明の花火 第一見学者発見
▲見物人いました。

ここはよく見えそうだなっと当たりをつけていたのがB地点、市川公園です。一応臨時駐車場に指定されていますが、シャトルバスも来ないし警備員もいない、おまけに坂がきついと放置状態の場所です。なので穴場にふさわしいかと思ったのですが、実際に展望台に行ってみました。確かに街並みはよく見えるのですが、花火会場は写真で言うと右側なのでちょうど死角になっていました。どうりで人もいないわけです。残念。
神明の花火 市川公園
▲有望株の市川公園だったのですが。。。
神明の花火 市川公園 微妙
▲花火見物には不向きでした。

同じ道を引き返すのもめんどいのでそのまま西に進み、下り坂を降りてみました。そしたら、道路に車が何台も止まっているではありませんか。本格的なカメラマンもたくさんいます。確かにちょうど開けていてる場所で花火会場もばっちり見える場所です。しかも駐停車禁止範囲外なので車を停めても問題なしという場所。完全に穴場ですね。穴場調査マップでいうとC地点になります。カメラマンの間では人気の穴場らしく、朝のうちから場所取りをしている人もいるというほどです。夕方4時半ごろの時点でシャッタースポットは残っていませんでした。
神明の花火 市川公園 西側
▲市川公園西側
神明の花火 市川公園 西側 カメラマン
▲カメラマンが大勢待機
神明の花火 西側
▲広域農道側から。

これ以上西側にいい場所はないだろうと思い、広域農道を東側に進みます。土手沿いのD地点です。A地点より少し低い位置ですが、より近くで見ることが出来ます。
神明の花火 土手沿い
▲土手沿い

今度は少し下ってみてE地点、宝寿院の方に行ってみました。宝寿院といえば桜の名所として有名な場所ですね。眺めもそこそこ良い所なので気になったので行ってみました。
神明の花火 宝寿院
▲宝寿院

ここからでも花火は見えると思いますが、ここまで来るとさすがにちょっと遠いかなという気がします。目の前が墓地というのも花火鑑賞としてはちょっと微妙ですしね。。。(^_^;) 鎮魂という意味ではうってつけな場所ですけどね。。。
神明の花火 宝寿院 景色
▲宝寿院から花火会場

結局、最初のA地点で花火鑑賞をすることにしました。
午後7時ごろになるとこちらも人でいっぱいになってきました。
神明の花火 最初の所
▲午後7時ごろのA地点
神明の花火 最初の所

先程もチラッと触れましたが、この広域農道はこの時間駐停車禁止区域になります。ちょっとだけならと思っているアナタ、甘いですよー(^_^;) 白バイが常に待機しているので、ちょっとでも停めようなら速攻で強制退去させられます。おかげで見ているこっちは車のライトとかあまり気にせずに見ることが出来ます。(車での通行自体は可です。)
神明の花火 白バイ
▲白バイ隊員が待機しています

7時30分、花火の開演です。遠目で見る花火の欠点は進行状況が分からないことですが、神明の花火レベルになるとニコ生で放送してたり、ツイキャスで実況してたりと現地情報を手に入れる方法があります。(っていうのを終わってから気づきました(笑))
神明の花火 花火

神明の花火 花火 二尺玉
▲2尺玉。
神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

神明の花火 花火

近くでみれば降り注ぐ流れ星のような花火が楽しめ、遠目で見るとそのスケールの大きさに驚く花火を楽しむことが出来ます。ぜひとも一度は見に来られるといいですよー(^^)


開催日:

毎年8月7日

場所とワタクシ的駐車場:


地図で 吉田のうどんマイスターへの挑戦 を表示

関連記事:

神明の花火2011年。近場の様子をリポート。
2011年の記事を読む

会場近くにある花火資料館もオススメ!実際の花火の玉が展示されています。
花火資料館の記事を読む

宝寿院の桜
宝寿院の桜の記事を読む

碑林公園とはこんな所!
碑林公園の記事を読む

旅行案内:

バスツアーを申し込みたい人はコチラ↓

ホテル予約はコチラ↓



その他:

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報


夏・花火 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

記事のコメント

記事に対して共感、批判、追加情報などありましたらお気軽にご記入頂けたらと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近投稿した記事

2016年01月28日 2016年2月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月30日 2016年1月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月02日 2015年12月の山梨県観光・イベント紹介
2015年11月27日 富士山とコラボ!花の都公園山中湖イルミネーション2015
2015年11月19日 カステラだけどカステラじゃない?竹林堂バターカステラ・富士川【バス小瀬コラボ企画】
2015年11月09日 山梨勝沼ワインの新酒が試飲し放題!新酒ワイン祭り(甲州市)
2015年11月05日 甲府の商店街で仮装パレード!甲府ハッピーハロウィン
2015年10月29日 2015年11月の山梨県観光・イベント紹介
2015年10月28日 繊細な伝統工芸「切子」の奉納 沢登六角堂例祭(南アルプス市)
2015年10月23日 おそらく山梨最古のお土産 ぶどう入りの砂糖菓子 月の雫【バス小瀬コラボ企画】

プロフィール

管理人:たかぽんの旅

たかぽんの旅


山梨に在住してます(^。^)v
2010年11月からブログを始めました。
初めての方はこのサイトについてをご覧ください。

2014年4月からは、大手サイト「たびねす」の認定ナビゲータとしても活動しています。
ワタクシのページはこちらから!

たびねすロゴ


大手旅行サイト「トリップアドバイザー」から「おすすめブロガー」として認定されています(^^)

山梨 旅行情報
山梨 旅行情報


ツイッター(個人)とフェイスブック(山梨のなうのページ)もあります。

ツイッターでは記事アップ情報と取材中のツイッター中継、山梨に関する個人的なつぶやきなどをユルくやってます(^^)
ツイッター(たかぽんの旅)

FBでは記事アップ情報と直近のイベント情報などをアップしています。
Facebook(山梨のなう 観光イベント情報ページ)



-->

ブログの特徴

このブログの対象は、主に次の人たちに満足してもらえるように作成を心がけています。

  1. 山梨の事をあまり知らない人
  2. 山梨の観光を考えている人
  3. 山梨の新しい出来事を知りたい人
  4. 山梨のイベントを知りたい人

また、以下の方針で記事を作成するように心がけています。

  1. 市民目線で作成する
  2. 悪いと思うところは悪いと書き、改善点をあげる
  3. ブログに乗せる情報は体験してから載せる。
  4. ブログに乗せる写真、動画は自分で撮ってきたものを使う。
  5. ブログに乗せる写真の加工は、明るさと色の調整のみとする。(=行けばその写真と同じ風景に出会える)

少しでも興味をもたれた方はメインページをご覧ください

人気記事

カテゴリー

カテゴリ別に最新記事から表示します。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ

ホームページ・ブログ百選

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。