メインページ > スポンサー広告 > title - 花子とアンのロケ地、花子の実家の場所はココ!(甲府市)メインページ > 山梨が舞台 > title - 花子とアンのロケ地、花子の実家の場所はココ!(甲府市)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。


スポンサー広告 | --:--:--

花子とアンのロケ地、花子の実家の場所はココ!(甲府市)

訪問日:2014-7-12 Sat

花子とアン 実家 外観

ワタクシ的ポイント:

2014年NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」のロケ地シリーズです。

今回は、花子の生まれ故郷、甲府にある「花子の実家」です。実在した「村岡花子」のではなく、ドマラに出てくる「安東花子」の実家です。元々は何もない所にセットとして建てられました。公的には2014年7月現在具体的な場所が発表されていませんが、現地に行くとロケ地の案内看板や観光バスなんかも来ていたので、場所を記したいと思います。

ロケ地となったのは甲府市の北の方にある「千代田湖」という人造湖の近くにあります。千代田湖はヘラブナ釣りのメッカだそうで夏になると多くの釣人が訪れます。ワタクシは通った時も大勢の人が釣りを楽しんでいました。というか、こんなに人がいる千代田湖を初めてみました(笑)。さらに北に進むと昇仙峡があります。

この千代田湖から東のさらに山の方に進んだ所に「花子の実家」があります。が、車からでは見えない場所にあるので、道中の案内看板と仮の駐車場が目印になります。
花子とアン 実家 案内看板
▲案内看板
花子とアン 実家 駐車場
▲仮駐車場

ワタクシの場合は全く観光地ではない所にちょうど観光バスが停まっていたので、ココだ!と分かりましたが、それがないとわかりづらい場所です。休日だと他の観光客がいるかもしれません。ワタクシの感覚的には観光客が1組いるかいないかくらいの様子でした。
花子とアン 実家 駐車場 バス
▲観光バス

駐車場からロケの現場までは下り坂。徒歩数分で到着します。
周囲の田舎具合と完全にマッチしていて、知らないとただのあばら屋にしか見えません(笑)
花子とアン 実家 発見
▲「花子の実家」発見!

家の近くまで行けますが、工事用の柵が設けられていて中には入れません。行ってみると意外と小さく感じると思います。おそらく、実家の中のシーンがここのロケ地より広いからだと思います。それにしても本当に小さいです(^^)
花子とアン 実家 工事
▲中は立入禁止

家の壁を見ると、手書きの紙でドラマの紹介がされていました。ロケ地の事とか結構細かく書かれています。
花子とアン 実家 キャスト
▲ドラマ紹介

それにしてもこの古ぼけた感は良く出来ています。築1年も経っていないはずなのに茅葺きの屋根なんかボロボロ感がハンパないです。
花子とアン 実家 茅葺き
▲築一年とは思えない茅葺きの屋根

一見するとどこにでもありそうなボロ屋ですが、細部を見るとやっぱりロケで作ってあるんだなってところが幾つか見つかります(^^)

壁なんかもボロさが良く出ています。でも実物をよくよく見ると、どことなく違和感があり「あー作ってあるな」というのが伝わってきます。映像だと全然感じないのが不思議です(^^)
花子とアン 実家 壁
▲ボロい壁ですが、よくよく見ると。。。

家の隣にあるこの枝のない奇妙な木もセットの名残です。時には満開の桜の木、時には秋の葉が落ちた木など、シーンに合わせて枝を変えていたようです。
花子とアン 実家 木
▲枝のない奇妙な木

家の前にある階段。一見何の変哲もありませんが、上に乗ってみるとやはり違和感を感じます。中に空洞感があり、ジャンプしてみると「どん、どん」と太鼓のような共鳴音が返ってきます。
花子とアン 実家 階段
▲空洞感のある階段

階段を形成している石積み。これもよく見るとセットです。階段を上から見てみると一目瞭然でした(笑)
花子とアン 実家 石積み
▲ただの石積みかとおもいきや。。。
花子とアン 実家 石積み セット
▲ハリボテでした(゚д゚)!

ドラマの最初のほうで、幼いハナが近くの水辺まで水を汲みに行っているシーンが有りましたが、実際は家の隣に川がありました。ハナちゃん、隣にあるよー(笑)
花子とアン 実家 川
▲家の隣に川がありましたw

ドラマの中では家からおじいやんのいう「表富士山」が見えますが、実際には見えませんでした。そもそも向きが西向きなので、どうやっても富士山は見えません。写真で言えば左側が本来富士山が見える方向です。実際には南アルプス市と韮崎市の境を流れる御勅使川(みだいがわ)が見えました。この川をもう少し北側(写真で言うと右側)に行くとわに塚の桜があります。
花子とアン 実家 遠景
▲遠景

一見すると何もないようなロケ地に見えますが、こうやって違いを楽しんで「想像の翼」を広げてみると楽しいですよー(^^)
昇仙峡に訪れる予定のある方はぜひ寄り道をしてみてください。


場所とワタクシ的駐車場:

山梨県甲府市上帯那町
地図で 山梨のなうマップ を表示

数台停められる駐車場があります。
花子とアン 実家 駐車場
▲駐車場
花子とアン 実家 駐車場 場所
▲駐車場の場所

関連記事:

花子とアンのロケ地、本のある教会にも行ってみました。
本のある教会の記事を読む

花子とアンに登場する甲州弁の使用回数を調べています。
甲州弁使用ランキング(中間報告)の記事を読む

昇仙峡は山梨を代表する紅葉名所です。
昇仙峡の紅葉の記事を読む

わに塚の桜
わに塚の桜の記事を読む

旅行案内:

バスツアーを申し込みたい人はコチラ↓

ホテル予約はコチラ↓



その他:

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ←山梨関係のブログがたくさんあります。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報


山梨が舞台 | 15:57:12 | トラックバック(0) | コメント(1)

記事のコメント

記事に対して共感、批判、追加情報などありましたらお気軽にご記入頂けたらと思います。

花子とアン大好きです
投稿日時:2014-08-04 月 19:44:04
投稿者:guguさん
([guguさんのサイト] [gugu さんにメール] [コメント編集])
かたくりこの母guguです。毎朝、主人と二人楽しみに花子とアンを見ています。関東大震災などはわたしたちが知る由もなくはるか昔に無くなった父もまだうまれていないし昭和元年の生まれの母も去年亡くなってて、孫のめいちゃんにそれを話すとへ~と言ってわからないと言います。でも御話は娘が韮崎に住んでいるので身近な気がして毎日見ています。こんな時代に英語の翻訳ができるなんて本当にいた人なら憧れますね。私はpaintをすこしできるだけでもっと若かったらとくやしいきもちでいっぱいです。なので娘が三人いますがそれぞれなんか身につけるものを一つは身につけてがんばることと教えていてそれぞれ紙芝居描いたり落語をしたりけしごむはんこをしてたり子育て以外の子と皆頑張ってるので私より偉いこどもたちです。   
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近投稿した記事

2016年01月28日 2016年2月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月30日 2016年1月の山梨県観光・イベント紹介
2015年12月02日 2015年12月の山梨県観光・イベント紹介
2015年11月27日 富士山とコラボ!花の都公園山中湖イルミネーション2015
2015年11月19日 カステラだけどカステラじゃない?竹林堂バターカステラ・富士川【バス小瀬コラボ企画】
2015年11月09日 山梨勝沼ワインの新酒が試飲し放題!新酒ワイン祭り(甲州市)
2015年11月05日 甲府の商店街で仮装パレード!甲府ハッピーハロウィン
2015年10月29日 2015年11月の山梨県観光・イベント紹介
2015年10月28日 繊細な伝統工芸「切子」の奉納 沢登六角堂例祭(南アルプス市)
2015年10月23日 おそらく山梨最古のお土産 ぶどう入りの砂糖菓子 月の雫【バス小瀬コラボ企画】

プロフィール

管理人:たかぽんの旅

たかぽんの旅


山梨に在住してます(^。^)v
2010年11月からブログを始めました。
初めての方はこのサイトについてをご覧ください。

2014年4月からは、大手サイト「たびねす」の認定ナビゲータとしても活動しています。
ワタクシのページはこちらから!

たびねすロゴ


大手旅行サイト「トリップアドバイザー」から「おすすめブロガー」として認定されています(^^)

山梨 旅行情報
山梨 旅行情報


ツイッター(個人)とフェイスブック(山梨のなうのページ)もあります。

ツイッターでは記事アップ情報と取材中のツイッター中継、山梨に関する個人的なつぶやきなどをユルくやってます(^^)
ツイッター(たかぽんの旅)

FBでは記事アップ情報と直近のイベント情報などをアップしています。
Facebook(山梨のなう 観光イベント情報ページ)



-->

ブログの特徴

このブログの対象は、主に次の人たちに満足してもらえるように作成を心がけています。

  1. 山梨の事をあまり知らない人
  2. 山梨の観光を考えている人
  3. 山梨の新しい出来事を知りたい人
  4. 山梨のイベントを知りたい人

また、以下の方針で記事を作成するように心がけています。

  1. 市民目線で作成する
  2. 悪いと思うところは悪いと書き、改善点をあげる
  3. ブログに乗せる情報は体験してから載せる。
  4. ブログに乗せる写真、動画は自分で撮ってきたものを使う。
  5. ブログに乗せる写真の加工は、明るさと色の調整のみとする。(=行けばその写真と同じ風景に出会える)

少しでも興味をもたれた方はメインページをご覧ください

人気記事

カテゴリー

カテゴリ別に最新記事から表示します。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ

ホームページ・ブログ百選

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。